SBI証券
SBI証券口コミ > SBI証券について > つなぎ売りで株主優待をお得に取得

つなぎ売りで株主優待をお得に取得

株主優待 つなぎ売り

 

今や多くの企業が実施しており、そのお得感からブームになっていると言ってもいい株主優待。
お米や食料品などの日常の食生活に役立つものをはじめ、店舗で使える割引券などお得感のあるものまで、多種多様な株主優待が提供されています。

 

これらは基本的に権利付き最終日までに株主になっていれば取得できますが、問題は優待目的で株を買った後、株価の変動によって損失が出る危険性があることです。仮に3000円の商品券がもらえる株主優待を目的に株を買っても、権利取得後に株の評価損が3000円以上出てしまっては意味がありません。この場合、実際には手数料も掛かってくるので損失額はさらに大きくなります。

 

そこで株価の変動リスクを回避し、手数料のみで株主優待を取得する方法がつなぎ売りです。
つなぎ売りとは現物取引の買い注文と、信用取引の空売りを同時に出す方法。
こうすることで株価の変動分の差額を相殺できるため、実質的には手数料と貸株料のみで株主優待を取得できることになります。

 

具体的には株価1000円の銘柄をつなぎ売りする場合、権利付き最終日の取引きが始まる前までに、現物買いと信用売りを同数で成行注文します。そして翌日の権利落ち日に現物で買った株で信用売りを決済(現渡)して完了します。
仮に権利落ち日に株価が900円まで下落していたとしても、現物買いの損失分は、空売りで出た利益で相殺されるので損益は0円になります。

 

つなぎ売りならSBI証券の短期売りが便利

つなぎ売りは信用取引の空売りを使った取引方法ですが、注意したいのが制度信用取引で発生する逆日歩という費用です。
これは貸出す株が大幅に減ったときに発生する費用で、1日単位で発生します。
手数料や貸株料だけならお得感があった株主優待も、逆日歩が発生することでお得感が薄れてしまうので無視できません。

 

そこで利用したいのがSBI証券の一般信用取引を使う方法。
一般信用取引の場合は逆日歩が発生しないため、株主優待目的のつなぎ売りには最適。

 

さらにSBI証券の場合は、通常の一般信用取引より空売り可能な銘柄が豊富な、短期5日売りの一般信用取引があります。
これは返済期限が5日間以内に限定された一般信用取引の商品です。他の証券会社と比較してもつなぎ売り可能な銘柄が豊富なので、SBI証券に口座をお持ちなら是非活用したい方法です。
 

SBI証券の信用取引
種別返済期限特徴
制度信用取引
(逆日歩あり)
6ヶ月金利コストは一番低いが、
空売りできる銘柄は限定的。
一般信用取引
(逆日歩なし)
無期限返済期限が原則無期限。
制度信用より空売りできる銘柄が豊富。
短期売り(5日)無期限とは異なる銘柄が空売り可能。
対象銘柄が豊富でつなぎ売りに最適。
1日(日計り信用)デイトレに最適な返済期限が当日の信用取引。
1日(HYPER空売り)日計り信用とは異なる銘柄が空売り可能。
貸株料とは別にHYPER料が掛かる。

 

 

icon31 株主優待の内容や情報がカンタンに検索できる

株式投資の魅力のひとつに「株主優待」があります。
株主優待は会社の株主に対するサービスで、保有株数に応じて様々な優待を受けることができます。

 

株主優待を実施している銘柄は優待を楽しめるうえ、比較的株価が安定しているので株式投資初心者の方でも保有しやすいです。

 

株主優待を狙うときに問題になるのが「どんな株主優待を狙って投資するか」です。
株主優待の内容などは会社四季報を見れば詳しく書かれていますが、一件ずつ本で調べるのはかなり大変な作業になります。

 

最近では人気の株主優待をまとめた本も多数販売されていますが、情報の新しさや、検索のしやすさからネット証券の情報ツールで調べる方法が手軽です。

 
株主優待検索
 

そこで優待投資を始めるなら口座を作っておくと便利なのがSBI証券です。
SBI証券はどの銘柄が株主優待を実施しているかを簡単に検索することができます。
直感的に操作することができますし、こだわり条件で絞り込むこともできます。
優待写真を見ることもでき、画面が見やすいのもいいですね。

 

どうすれば優待が受けられるのか、そもそも株主優待とは何かという初心者向けの解説も非常に充実しています。
また、株主優待は家族で取り組むと効率よく優待を受け取ることができます。

 

例えば、100株以上保有で3,000円分の食事券がもらえる銘柄があるとします。
このとき、200株保有すれば6,000円分の食事券がもらえるわけではありません。200株保有していても、あなたがもらえるのは3000分の食事券のみ。株主からすれば、「株を二倍買ったんだから、株主優待も二倍くれよ」と言いたくなりますよね。
そこで株主優待を二倍ゲットするための裏ワザを紹介します。

 

SBI証券は未成年口座が開設できます。
お子さまの未成年口座を開設し、あなたの口座で100株、お子さまの口座で100株保有すれば、それぞれ3,000円分の食事券がもらえるのです。
お子様がいらっしゃらない場合は奥様でも同じことが可能ですね。
株主優待投資ならSBI証券で決まりです!