SBI証券で株をはじめるメリットと口コミ|IPOや株主優待に強い理由
トップページ > SBI証券について > セブン銀行からの入金が便利なSBI証券のATMカード

セブン銀行からの入金が便利なSBI証券のATMカード

 

SBI証券は様々な入金方法に対応していて、他の証券会社と比べても口座への入金方法は豊富です。
 
主な入金方法として、銀行振込、ATMカード、提携金融機関からのネットバンキングでの入金などがありますが、中でもネットバンキングでの入金は便利で、証券口座への振込を行うと即時入金が行われ、資金が必要なときにすぐ口座に反映されるためロスがありません。
 
しかも、提携銀行のネットバンキングを使えば振込は手数料が無料なので、銀行のATMから現金で振込む場合に比べると手間もコストもかかりません。
 
そのため、デイトレのように一日何度も取引を行う方や、タイムロスなく資金を入金したい方の多くがネットバンキングでの入金を利用されています。
 
このようにメリットが多いネットバンクからの入金ですが、まだネットバンクを利用したことがない人にとっては少々面倒な部分もあります。
 
まず、ネットバンキングによる即時入金を行うには、楽天銀行やジャパンネット銀行などネットバンクの口座か、SBI証券の提携銀行でのネットバンキング契約が必要になります。そのため、口座を持っていない人はわざわざ新しい口座を作らなければなりません。
 
ネットバンキング用といっても銀行口座がもうひとつ増えるのは意外と面倒で、特にネットバンクの場合は口座番号やパスワードの管理なども慎重にしなければなりません。
 
それでも頻繁に取引を行う方なら口座を作るメリットの方が大きいですが、年に数回しか取引を行わない人にとって、普段使わない銀行口座をもうひとつ作ることに抵抗がある方も多いでしょう。
 

SBI証券のATMカードを使った即時入金がおすすめ

 
atmカード
 
「わざわざネットバンクの口座を作るのは面倒」という方におすすめしたいのが、SBI証券のATMカードを使った入金方法です。
 
ATMカードというのはSBI証券の口座へ入金するための専用カードで、セブン銀行やゆうちょ銀行のATMを使って、口座への即時入金が可能です。
 
特におすすめなのがセブン銀行ATMからの入金で、AM7:00からPM19:00までなら曜日を問わず手数料が無料になります。
 
この時間帯であれば通勤途中にちょっとコンビニに寄って入金することも可能ですし、即時入金なのでコンビニ(セブンイレブン)さえ近くにあれば素早い入金が可能です。
 
仮に時間外手数料が掛かっても108円(税込)なので、銀行から振込むことを考えればお得です。
 
入金限度額も一日あたり1000万円までとかなり余裕があるので、余程大きな取引をしない限り対応できるでしょう。
 
ただし、セブン銀行ATMからの入金は一回あたり50枚まで(ゆうちょ銀行ATMは100枚まで)しか紙幣が入金できないため、入金する金額が大きい場合は何度かに分けて入金しなければならないのが唯一手間が掛かる部分です。
 

ATMカードのサービス概要
セブン銀行ATMゆうちょ銀行ATM
出入金の手数料7:00~19:00まで0円
上記以外の時間帯は108円(税込)
利用時間に関係なく一律216円(税込)
出入金できる取引単位 5,000円以上1,000円単位
出金限度額1日50万円、1回50万円まで
入金限度額1日1,000万円、1回100万円まで
※ただし、一回の操作で入金可能な紙幣は、セブン銀行ATM50枚まで、ゆうちょ銀行ATM100枚まで

 

ATMカードの発行は管理画面から行える

 
SBI証券のATMカードはATMからの出入金機能のみのキャッシュカードタイプと、クレジット機能が付帯したSBI証券JCBカードの二種類があります。
 
どちらも申込みはSBI証券の管理画面上から行えますが、おすすめは無料で作れて手続きか簡単なキャッシュカードタイプです。
 
こちらのタイプであれば手続きがすべて管理画面で行えるので手軽に申し込めます。
 
クレジット機能付きの場合はカードのランクに応じて(一般1350円、ゴールドカード10800円 ※税込)年会費が発生しますが、一般カードの場合は条件をクリアすれば年会費が無料になる特典もあります。
 
さらに、カードの利用額に応じて「Oki Dokiポイント」が貯まり、貯まったポイントはSBI証券の口座へ反映できるので、日常生活で貯めたポイントを使って株を購入することも可能です。