SBI証券で株をはじめるメリットと口コミ|IPOや株主優待に強い理由
トップページ > 株をはじめるための知識 > 専業主婦やパートが個人型確定拠出年金(iDeCo)をはじめるメリットとは?

専業主婦やパートが個人型確定拠出年金(iDeCo)をはじめるメリットとは?

syufu
 

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは加入者が月々の掛金を拠出して、金融機関(運営管理機関)によって用意されている金融商品で運用し、60歳以降に年金か一時金として受け取るというものです。
 
拠出した掛金は全額所得控除の対象となるので課税されず、運用益も非課税、受け取るときも公的年金等控除、退職所得控除の対象となるなどの税制優遇がメリットになります。
 
従来は企業年金のない会社員か、自営業の方しか加入できませんでしたが、2017年から主婦やパートの人も加入できるようになりました。
 

主婦やパートの方が個人型確定拠出年金に加入するメリット

 
●主なメリットは3つ

  • 運用によって得た利益に税金が掛からない
  • 自分名義の年金が作れる
  • 途中で引き出せないので確実に積立られる

 

主婦やパートの方が個人型確定拠出年金に加入するメリットとしては、まず、税制優遇が挙げられます。
掛金の運用で得られた利息・配当・運用益には本来20.315%が課税されますが、個人型確定拠出年金なら非課税になります。
 
自分の年金が作れるのもメリットです。扶養に入っている方に年金は基礎年金のみですが、個人型確定拠出年金に加入すると、将来もらえる年金に上乗せをすることができます。将来はどうなるか分かりませんから、安心を積み立てていると考えることもできます。
 
個人型確定拠出年金は60歳まで掛金を引き出すことができません。
これはデメリットでもありますが、考え方を変えれば確実にお金が積立られます。
 
仮に途中で引き出したい誘惑に駆られたとしても、誘惑に負けることはなく、長期的に安定した資産形成を行うことができます。
 

積み立てた掛金はどうなる?

 

syufu3

 

掛金は定期預金や投資信託などの金融商品で運用することになります。
 
投資信託の場合は選ぶ商品によって元金割れリスクの大きさや、将来得られるリターンの大きさが異なってきます。
 
そのため、どの程度のリスクまでを許容できるかが商品を選ぶポイントとなりますが、自分のお金を預けるのですから誰でも損はしたくなもの。
 
自然と金融商品などの情報や経済に関する情報を集めるようになって、自分の資産形成に関する知識を広げることができます。
 

個人型確定拠出年金をはじめるデメリットとは?

 
主婦やパートの方が個人型確定拠出年金に加入するデメリットとしては、年間の収入見込みが130万円以下の方は、そもそも控除される所得がない(所得税を支払っていない)ので、個人型確定拠出年金に加入する大きなメリットである、掛金の全額所得控除という恩恵を受けられないということです。
 
主婦やパートの方が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するにはこのようなメリットとデメリットがあるので、自分に合っているかよく検討する必要があります。
 
関連記事:SBI証券ではじめる個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)
 
 

sbikosiki