SBI証券で株をはじめるメリットと口コミ|IPOや株主優待に強い理由
トップページ > 株をはじめるための知識 > 株初心者でも分かる!信用取引の仕組み

株初心者でも分かる!信用取引の仕組み

 

信用取引は「初心者が手を出してはいけない」と紹介している書籍も多いため、少し怖いイメージを持っている方も多いでしょう。
 
しかし、その特徴を生かして上手に活用すれば、現物のみで売買しているより効率よく利益を積み上げることが可能です。
 

空売りの仕組み

 
まず、信用取引では取引を「売り」からはじめることが可能になります。
 
現物取引の場合は「株を買って、株価が上がれば売る」というスタイルだけで勝負しますが、信用取引の場合は「株を売って、株価が下がったら買い戻す」という選択肢が増えます。
 
株を持っていない状況から売るわけですから、売りに出す株は証券会社から借りることになります。
 
例えば1株借りて1000円で市場で売ります。手元には株の売って得た1000円が入りますが、この時点ではまだ株を借りている状態です。
次に行うのは「返済するための株を、なるべく安く買う」という作業です。
 
つまり、借りているのと同じ銘柄を、借りた株数だけ市場で買って証券会社に返済するわけです。
 
そこで700円まで下がったので買い戻したとすると、先に1000円で売っておいたものを700円で買って返すわけですから、差額の300円が利益になります。
 
空売りの仕組み
 
「空売りの仕組みがわからない」という方の多くは、最初の「1株借りて1000円で市場で売る」という部分で意味を取り違えていることが多いです。
 
「証券会社から1000円で借りた株を、1000円で売る」のではなく、借りるのは「株」です。
 
つまり返済するときは株を返せばいいだけなので、返済用の株をどれだけ安く調達できるかがポイントとなります。
 
 

信用買いの仕組み

 
信用取引のもうひとつの魅力が「株の購入資金を借りることができる」ことです。
 
現物取引で株の売買を行っていると、「もう少し資金があれば」と思う機会が出てきます。
 
余剰資金が豊富にあり、その資金を証券会社の口座に移動することができれば問題はないですが、現実的にはできないことが多いでしょう。
 
そこで信用取引を使えば口座に資金を移すことなく、より大きな取引が可能になります。
 
 

制度信用取引と一般信用取引の違いとは?

 

制度信用取引

制度信用取引は証券取引所のルールに沿って行うもので、取引の対象となるのは取引所が選定した銘柄のみです。
 
返済期限が6ヶ月と決められています。
 
 

一般信用取引

一方、一般信用取引は証券会社が独自に決めたルールで行うため、殆どの銘柄が取引できますが、金利や貸株料が制度信用取引より高く設定されています。
 
返済期限は無期限から当日まで、異なる様々な商品が提供されています。
 
>>SBI証券は一般信用取引の種類が豊富
 
 

信用取引を行うには委託保証金が必要

 
信用取引は株や資金を証券会社から借りて取引ができると言っても、手持ち資金や保有株が全くない状態から行うことはできません。
 
口座に資金や株があることが条件になり、これらの資産を委託保証金(担保)にして約三倍まで取引できるようになります。
 
この委託保証金の金額は証券会社ごとに決まっていて、「最低30万円、約定価格の30%以上」とする証券会社が多いです。
 
仮に取引している銘柄の株価が下がり、評価損が出た場合はこの委託保証金から損失分の金額を差し引かれます。
 
そして委託保証金の金額が一定額(証券会社によって異なりますが、約20%程度)を下回ると、「追証」といって追加で委託保証金を入れる必要があります。
 
 

信用取引に掛かる手数料以外のコスト

 
信用取引は株や資金を借りて行う取引なので、売買手数料以外にも「借りている」ことに対してのコストが発生します。
 

貸株料

「空売り」を行う場合は株を借りていることに対しての貸株料が発生します。
 
貸株料は「年率●%」という具合に証券会社のサービスごとに決まっていて、借りた日数に応じて日割り計算されます。
 
例えばSBI証券の制度信用取引を使った場合、貸株料は年率1.15%です。
 
仮に100万円分の空売りを行ったとすると、一日あたりの貸株料は100万円×1.15%÷365=31.5円です。
 
 

買方金利

資金を借りて買付を行うときに発生します。
 
こちらも借りている金額に対し、サービスごとに設定された金利が発生します。
 
なお、1日あたりに掛かる金利の計算方法は貸株料と同じです。
 

逆日歩

制度信用取引を使って空売りしているとき、その銘柄の空売りが多くなり、貸出す株が足りなくなったときに発生します。