SBI証券で株をはじめるメリットと口コミ|IPOや株主優待に強い理由
トップページ > SBI証券について > SBI証券のREIT(不動産投資信託)とは?

SBI証券のREIT(不動産投資信託)とは?

 

不動産投資は、個人で行うには多額の資金が必要であり中々、始めるのは難しいイメージがありますよね。
 
しかし、「REIT」なら少額の資金で不動産投資を行うことが可能です。
 

REITとは、不動産投資信託会社がたくさんの投資家から資金を募集し、様々な不動産(ビルや商業施設、ホテルなど)に投資をして、家賃収入や不動産賃料を得たり、売却してその利益を投資家に分配・還元するという投資商品です。
 

日本国内のJ-REITは法人として上場しており、株と同じように証券会社を通じて証券取引所での売買が可能です。
 
そのため売りたいときには市場ですぐ売却でき、株式投資の感覚で一口単位で取引できます。
 

つまり投資家目線で言えば、株を買う感覚でJ-REITに投資することで、間接的に不動産投資が行えるということです。
 
REITは一般的に分配金が高く、配当利回りの高さという面で優れています。
 

この配当金が高いのには理由があり、不動産投資法人であるJ-REITは賃料などで得た利益から諸経費を差し引き、残った利益の大部分を投資家に分配金として支払う仕組みになっています。
 

「そんなことしたら倒産するんじゃ…」と思われるでしょうが、REIT側はそうすることで法人税が免除されるメリットがあります。
 

株式会社の場合は利益から法人税を差し引いて残った額を当期利益とするのに対し、J-REITは利益のうち約90%を分配金に回すため、一般の株式会社の株式よりも高配当が実現しています。
 
J-REITの仕組み
 

また、数多くの投資家から資金を集める金融商品という性格上、1棟のマンションを買うということに比べると少額で不動産に投資することができます。
 

さらに、1棟買いでの投資だとリスクも大きなものとなりますが、REITの場合はパッケージングされた不動産を購入するようなイメージであるためリスク分散もできることになります。
 
特に現在は不動産価格が上昇傾向にあり、マンションなどの空室率も低下している点から分配金の上昇も、そして売却益も期待できる状況になっていることで投資するチャンスが広がっているといえます。
 

REITのリスクとは?

 

・倒産や上場廃止
 
REITには様々なテーマやターゲットを持ったものが数多く取り揃えられています。
 

一概に「不動産がこれから注目です」といっても、すべての不動産が一度に上昇するわけではありません。
 

ということは株式会社と同じように、利益が出せないREITは倒産や上場廃止になるリスクがあります。
 

・価格や分配金が一定ではない
 
一般的に土地や建物の価値は常に変動するものです。
 

例えば近くに駅ができると価値が上がり、近くにあった駅が移転すると価値が下がります。
 

このような不動産価値の変動によって収益が悪化すると、価格や分配金が下がることがあります。
 

また、同じように利益を圧迫する要因として金融機関の金利変動や、地震などの災害によって建物が被害を受けるケースが考えられます。
 

これからの見通しをしっかりと把握して、見極めることが不動産投資信託への投資の成功への近道なのです。
 

SBI証券でREITはじめるメリットとは?

 

SBI証券なら国内株式同様に格安手数料で売買が可能です。
 

また、NISA口座を使ってREITの買付が可能なため、NISA口座を使えば手数料が恒久無料となります。
 

更に貸株サービスにも対応しており、通常の株式同様に保有している間は貸出すことで金利を受取ることが可能です。
 
関連ページ:SBI証券の貸株サービス
 

このように、REITの売買をSBI証券で始めることにはメリットが数多くあるのです。